多発性硬化症のハナミズキです。日々の生活、病気のことを気持ちのまま伝えます。


by hanamizuki-ms
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
すっかりご無沙汰してしまって、すみません。
コメント頂き、ありがとうございました。

なんとなくブログ書くのをサボっているうちに、腕の調子が悪くなり、
ますますブログから遠ざかってしまいました。

12月のはじめから脚の痺れが酷くなり、
たまらず主治医に診てもらったところ、入院することを勧められました。

しかし、年末に入院するのは気が進まなかったのと、
診察してもらったときにはすでに症状が治まりかけていたので、
今は入院を見合わせ、様子を見て、次に症状が進むようであれば
入院したい、と先生に伝えました。

先生も、「パルスは消火剤みたいなもので、ぼうぼう燃えているときにすると
効果が出るけど、鎮火しているときにしてもね・・・・」と。

「ただ、何かあったときは、救急に電話しなさい、僕が院内にいれば
電話に出るし、いないときは、神内の先生が対応してくれるから」
と言ってくださいました。

こうやって、何かあったら、救急に電話して対処を仰げる、ということが
わかっているだけでも私は安心です。

それで一応、年明けの7日も診察日を取ってもらいました。

昨日も、山陰は酷い冷え込みで、3時頃から痺れが酷くて・・・。
泣きそうな気分でしたが、何とか年末年始は家で過ごせそうなので
そのことに、感謝です。

今年一年、ブログを通して知り合った皆様、ありがとうございました。
いつも、心配してコメントをしてくださる方、本当に感謝です。
そして、来年もよろしくお願いします。

来年も、ぼちぼち病気と友に過ごしていきたいと思います。
よろしくお願いします。

皆様も、良い年をお迎えくださいませ。ありがとうございました。
[PR]
# by hanamizuki-ms | 2009-12-31 20:28 | 病気について

楽しい食事会を予定した

主人が8日間も出張する、我が家にとっては最高の日数。
                           (水曜日から水曜日まで)
途中、土日は私も主人に合流するのだが、
土日を挟んで前半と後半にお楽しみを作った。

初日の水曜日に、以前油絵を習っていたときのメンバー2人と
フレンチレストランへ。
お二人とも50代後半の女性で、将来像を見せてくださる素敵な方々、
いつだったか、(病気になる前)3人で食事に行き、Barで「少し」飲んで
そこからタクシーを呼ぼう!ということになった。
でも、女3人のおしゃべりは止まることがない。
タクシーに乗ったら、車の時計が2時15分!

「ねえねえ、その時計デジタルがおかしいの?」と運転手さんに質問。
「いえ」と無愛想な運転手。(1が表示できなくて、12時15分だと思った)
酔っぱらいの女性客って、感じ悪い?

主人があきれ顔で起きて待っていたのを思い出す。
今回も、レストランの近くにBarがあるので
気をつけなくっちゃぁ!

土日を利用して、私が主人と合流。

帰ってきてからは、男子と食事に出かけることに。
(いつものごとく、私から誘っています、ハイ)
私は、デートのつもりだが、相手は「ご馳になります」くらいにしか
思っていない。
お世辞の一つも言えない奴だが、関西人なのでちょっと笑わせてくれる。
「行くお店は、「桔梗屋」だから」と伝えたら
「キキョウ屋って、一休さんの店?」だって。

迎えに来てくれるらしいから、美味しいものをご馳走してあげるつもり。
                                       (上から目線)
言っておかないと何を着てくるかわからないので、細かく注意を飛ばしておいた。

前後でなかなか楽しい食事会が出来そうなので、嬉しい!
もう一つくらい予定を入れたい気分だが、後半身体が疲れちゃう気がするので
このくらいに。
[PR]
# by hanamizuki-ms | 2009-07-30 13:45 | おでかけ

大好きな歌 

毎日がブランニューデイ

                          作詞 忌野清志郎
                          作曲 仲井戸麗市

君と真夜中に話した いろんな事
75%は 忘れてしまった

君と長い間過ごした この人生
80%以上は 覚えてないかも

Hey Hey Hey でもいいのさ
Hey Hey Hey 問題ない
君がいつもそばにいるから
毎日が新しい

僕とこれからも うまくやって行けるか
20%くらいは 疑問を感じるかい?

Hey Hey Hey でもいいのさ
Hey Hey Hey 問題ない
君がいつもそばにいるから
毎日が新しい

Hey Hey Hey でもいいのさ
Hey Hey Hey 問題ない
君が僕のそばにいるから
毎日が新しい

今日も朝が来て 君の笑顔を見て
100%以上の 幸福を感じる
100%以上の 幸福を感じる
365%完全に 幸福
[PR]
# by hanamizuki-ms | 2009-07-27 21:30 | 生活

SEX AND THE CITY

わぉ~、なんてタイトルなんだ!

ご存じの方も多いと思いますが、アメリカンドラマの題名です。
(lala TVにて放送中)

日本のドラマは、NHKの朝ドラしか見ていない私。
でも、海外ドラマは大好き!

先日放送された回で、なかなかいいことを言っていた。

このドラマ、仲良し4人の女性の物語。
舞台はニューヨーク、マンハッタン。
詳しくはこちら
サマンサが乳ガンに罹り手術を受ける。
今後のためにもと、抗ガン剤治療を行うが、髪の毛が抜け始める。
その後の展開で
カフェでサマンサと主人公キャリーの会話。
私たち、病気を持つものが共感できる一言でした。

サ「髪が抜けるのが嫌なのよ」
キ「大丈夫、もう、終わったの 安心して」
サ「再発は?」
キ「あなたは、どこにもいかない」
サ「お願い、私の不安を聴いててちょうだい
もう少し、ドラマチックな会話だったと思うのですが・・・、ごめんなさい。

これって、どの病気も同じですよね。
病気は現実にあるけど、なかなかそれが受け入れられなくて
この先のことを、誰が教えてくれるわけでもない。
MSは特に100人いれば100人とも症状が違うような病気だし、
不安が胸の中だけで繰り返され大きくなり、
「私の不安を聴いてちょうだい」と同じ言葉を言いたくなりますよね。

以前にも話しましたが、6月初めに私が通院している大学病院が
難病患者のためのふれあいサロンを開かれました。
月にたった1日らしいので、何が出来るのかは疑問ですが、
そこで何人か、いやたった一人の人でも心癒される人がいればいいなぁ、と思います。

そして、この日のキャリー(新聞のコラムニスト)が書いた言葉
「否定は苦しい時を乗り越えるための防御・・・・」
心に飛び込んできた文章でした。

このドラマ、4人の服がそれぞれの個性を表していてとてもおしゃれ。
特に、靴。
4人とも高いヒールの靴を履き、ニューヨークを闊歩する、カッコイイ!
私だって、むかしはヒール履いて仕事してたんだぞ!
未だに捨てられない、プラダ、バリー、ブルーノ マリ、シャルルジョルダン。。。
いつか、この靴たちとお別れしないとね。

でも、短い距離で隣に主人がいてくれたら、お食事くらいには履けるかなぁ。
(カナシスギテ、オワカレデキナイヨ)
[PR]
# by hanamizuki-ms | 2009-07-25 14:59 | 生活

今日の小さな幸せ

午前中に干しておいた布団を取り込み

寝室をエアコンで快適にし

お日様の暖かさを感じるお布団を抱き

尚かつ、足先は冷風を感じ

気持ちいいお昼寝が出来たこと。


これって、幸せすぎかも!
[PR]
# by hanamizuki-ms | 2009-07-23 19:53 | 生活