多発性硬化症のハナミズキです。日々の生活、病気のことを気持ちのまま伝えます。


by hanamizuki-ms
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

楽しい食事会を予定した

主人が8日間も出張する、我が家にとっては最高の日数。
                           (水曜日から水曜日まで)
途中、土日は私も主人に合流するのだが、
土日を挟んで前半と後半にお楽しみを作った。

初日の水曜日に、以前油絵を習っていたときのメンバー2人と
フレンチレストランへ。
お二人とも50代後半の女性で、将来像を見せてくださる素敵な方々、
いつだったか、(病気になる前)3人で食事に行き、Barで「少し」飲んで
そこからタクシーを呼ぼう!ということになった。
でも、女3人のおしゃべりは止まることがない。
タクシーに乗ったら、車の時計が2時15分!

「ねえねえ、その時計デジタルがおかしいの?」と運転手さんに質問。
「いえ」と無愛想な運転手。(1が表示できなくて、12時15分だと思った)
酔っぱらいの女性客って、感じ悪い?

主人があきれ顔で起きて待っていたのを思い出す。
今回も、レストランの近くにBarがあるので
気をつけなくっちゃぁ!

土日を利用して、私が主人と合流。

帰ってきてからは、男子と食事に出かけることに。
(いつものごとく、私から誘っています、ハイ)
私は、デートのつもりだが、相手は「ご馳になります」くらいにしか
思っていない。
お世辞の一つも言えない奴だが、関西人なのでちょっと笑わせてくれる。
「行くお店は、「桔梗屋」だから」と伝えたら
「キキョウ屋って、一休さんの店?」だって。

迎えに来てくれるらしいから、美味しいものをご馳走してあげるつもり。
                                       (上から目線)
言っておかないと何を着てくるかわからないので、細かく注意を飛ばしておいた。

前後でなかなか楽しい食事会が出来そうなので、嬉しい!
もう一つくらい予定を入れたい気分だが、後半身体が疲れちゃう気がするので
このくらいに。
[PR]
by hanamizuki-ms | 2009-07-30 13:45 | おでかけ

大好きな歌 

毎日がブランニューデイ

                          作詞 忌野清志郎
                          作曲 仲井戸麗市

君と真夜中に話した いろんな事
75%は 忘れてしまった

君と長い間過ごした この人生
80%以上は 覚えてないかも

Hey Hey Hey でもいいのさ
Hey Hey Hey 問題ない
君がいつもそばにいるから
毎日が新しい

僕とこれからも うまくやって行けるか
20%くらいは 疑問を感じるかい?

Hey Hey Hey でもいいのさ
Hey Hey Hey 問題ない
君がいつもそばにいるから
毎日が新しい

Hey Hey Hey でもいいのさ
Hey Hey Hey 問題ない
君が僕のそばにいるから
毎日が新しい

今日も朝が来て 君の笑顔を見て
100%以上の 幸福を感じる
100%以上の 幸福を感じる
365%完全に 幸福
[PR]
by hanamizuki-ms | 2009-07-27 21:30 | 生活

SEX AND THE CITY

わぉ~、なんてタイトルなんだ!

ご存じの方も多いと思いますが、アメリカンドラマの題名です。
(lala TVにて放送中)

日本のドラマは、NHKの朝ドラしか見ていない私。
でも、海外ドラマは大好き!

先日放送された回で、なかなかいいことを言っていた。

このドラマ、仲良し4人の女性の物語。
舞台はニューヨーク、マンハッタン。
詳しくはこちら
サマンサが乳ガンに罹り手術を受ける。
今後のためにもと、抗ガン剤治療を行うが、髪の毛が抜け始める。
その後の展開で
カフェでサマンサと主人公キャリーの会話。
私たち、病気を持つものが共感できる一言でした。

サ「髪が抜けるのが嫌なのよ」
キ「大丈夫、もう、終わったの 安心して」
サ「再発は?」
キ「あなたは、どこにもいかない」
サ「お願い、私の不安を聴いててちょうだい
もう少し、ドラマチックな会話だったと思うのですが・・・、ごめんなさい。

これって、どの病気も同じですよね。
病気は現実にあるけど、なかなかそれが受け入れられなくて
この先のことを、誰が教えてくれるわけでもない。
MSは特に100人いれば100人とも症状が違うような病気だし、
不安が胸の中だけで繰り返され大きくなり、
「私の不安を聴いてちょうだい」と同じ言葉を言いたくなりますよね。

以前にも話しましたが、6月初めに私が通院している大学病院が
難病患者のためのふれあいサロンを開かれました。
月にたった1日らしいので、何が出来るのかは疑問ですが、
そこで何人か、いやたった一人の人でも心癒される人がいればいいなぁ、と思います。

そして、この日のキャリー(新聞のコラムニスト)が書いた言葉
「否定は苦しい時を乗り越えるための防御・・・・」
心に飛び込んできた文章でした。

このドラマ、4人の服がそれぞれの個性を表していてとてもおしゃれ。
特に、靴。
4人とも高いヒールの靴を履き、ニューヨークを闊歩する、カッコイイ!
私だって、むかしはヒール履いて仕事してたんだぞ!
未だに捨てられない、プラダ、バリー、ブルーノ マリ、シャルルジョルダン。。。
いつか、この靴たちとお別れしないとね。

でも、短い距離で隣に主人がいてくれたら、お食事くらいには履けるかなぁ。
(カナシスギテ、オワカレデキナイヨ)
[PR]
by hanamizuki-ms | 2009-07-25 14:59 | 生活

今日の小さな幸せ

午前中に干しておいた布団を取り込み

寝室をエアコンで快適にし

お日様の暖かさを感じるお布団を抱き

尚かつ、足先は冷風を感じ

気持ちいいお昼寝が出来たこと。


これって、幸せすぎかも!
[PR]
by hanamizuki-ms | 2009-07-23 19:53 | 生活

晴れのち曇り

前回、「最近前向きな私」を書いたばかりだが・・・・。
気持ちは前向きでも、身体が付いていっていない。

身体が付いていかない、というより
調子がいいときの身体の使い方がわからないみたい。

調子がいいといっても、元気な頃の身体に戻ったわけじゃないのに
予定をいっぱい詰め込んで・・・。

結局数日後に、疲れが出てしまい家でごろごろしている。
なんで同じ事を繰り返してしまうんだろう?
自分で自分の首を絞めているみたい。

今日も、午前中ごろごろしていたから、皆既日食も見逃しちゃった。。。
[PR]
by hanamizuki-ms | 2009-07-22 15:18 | 病気について

最近前向きな私

私が通院している大学病院に
難病患者のサロンが今月オープンしました。

昨日の診察日の帰りに寄ってみようと
先生に尋ねたら、「月に一回しかしてないんだよ」との答えが。
「一回ですか??」
「マンパワーが・・・・」
「なるほど・・・・」

せっかくサロンが出来たのに、月一というのは、どういうものか?
診察日がその日なら、顔を出しやすいと思うけど、
それに出るためだけにわざわざ病院に行くのは大変だ!


でも、「サロンの運営は??ですが、私の経験のようなものでも、もし
最初の入院でいろいろ不安を抱えている患者さんに話して、少しでも
不安を取り除いてあげられるのだったらいいなぁ、と思います」と
主治医に伝えました。

最近の私、精神的にとても調子がいいんです!

昨日の診察でも「先生、私、調子がいいんです」と。

「顔見たら分かるよ!何が効いたのかなぁ?」

「何が効いたとかじゃなくて、2年かかってやっと気持ちが落ち着いたんです。
今までは、この痺れは・・・再発じゃないか?とか、この痛みは・・・と
脅えていたけど、これが、後遺症から来ているものだと思えるようになったから、
それなら、慣れるしかないだなぁ、何か工夫できることがあれば見つけよう!って
思えるようになったんです」

先生も、
「ピリピリ痛いとか、締め付けられるような痛みとか、僕たちにはわかんないんだよね」

「そうそう、分かる分かる!って経験した人しか言えませんよね」

もしも実現するのなら、もっと病気のことについて知らないといけませんね。
生半可な知識じゃあ、余計新前患者さんを不安にさせちゃいますもんね。

自分の為にも、もう少し病気について知らないとダメですね。

木曜日の診察で「私、今happyですから」と言ったばかりですが・・・
今日は、歩いている時に膝が抜けて・・・、少々不安も抱えながらも前を向きたいハナミズキでした。
[PR]
by hanamizuki-ms | 2009-07-18 21:10 | 病気について

気分転換

私は、視力がいい。
4月に入院したとき眼科で調べたら、両眼とも1.5だった。(自慢)
だが、視力のいい人は早く老眼が出やすい、と言われるように
私も、40歳前から新聞、本を読むのが辛くなってきた。

40歳の時に初めて老眼鏡を作ることに。
初めて自分の為に行く眼鏡屋さんで、迷うことなく緑のフレームに決めた!
私は決断力のない人で、だいたい決められず主人に頼ることが多い。(恥)
けど、この眼鏡選びは難なく決められる、どうしてだろう? 
分からない。

で、前回選んだ眼鏡がこれ。
e0128926_17374387.jpg


すごく気に入っていて、知人にも
「素敵な色の眼鏡、よく似合ってる」と褒められる。(嬉)
(遠近両用じゃないが、手元の物もよく見え、1m先くらいまでなら眼鏡を外さないで見られる)
最近は、食事をするときなど眼鏡(老眼鏡)を掛けないとピントがずれて美味しく頂けない。
尚かつ、向かい合って食べている主人の顔はぼやけないですむ。
(ぼやけて欲しいときは、外す 笑)

今回、レンズだけを替えるか? 
新しいフレームにするか?迷った。

何故なら、眼鏡屋さんに素敵な眼鏡フレームが合ったから。

結局、新しいフレームで眼鏡を作ってもらい(かなり度が進んでいた)
今、私の手元に。

これは、読書とボタニカル用。(ちょっと細かい作業もOK)
もちろん、パソコンもOKです。

年を重ねると赤い物が着たくなるというが・・・・・、
私もその年齢になりつつあるのかも。

そして、これが今回選んだ眼鏡。(5月に購入)
e0128926_17384454.jpg

e0128926_17391357.jpg

老眼鏡というより、My new glasses。
[PR]
by hanamizuki-ms | 2009-07-14 21:28 | 生活

清志郎Tシャツ

忌野清志郎が今年の5月2日に亡くなって(58歳)、
タワーレコードからTシャツが販売された。

ちょっと、情報をキャッチするのが遅かったため、
気がついたときにはすでに完売。。。

すぐに第2段が発売されたが、
それにも間に合わず。。。

しかし、情報によると各支店はそれぞれTシャツの在庫をまだ持っているという。
(でも、私の住んでいるところは、タワレコがない・・・(涙))

で、一番近くの岡山支店に電話してみた。
なんと、どのサイズもまだあるらしい(うれし~~~い)
Tシャツのサイズを確認して、喜びの気持ちを伝え、一人盛り上がり!!

「じゃあ、郵送してもらえますか?」と私、

「郵送はしてないんですよ」

「でも、CDとか送ってくれるじゃない?」

「それは、タワレコ.jpの方で、支店は一切していないんですよ」

「でも、岡山まで行けません・・・・(無言)」

結局、交渉成立せず。(当たり前だね)

そこで、前に勤めていた会社の岡山支店の人にメールを出してみた。
それも、一度しか会ったことなく、2年間くらいメールでのやり取りもしていない人に、いきなり頼み事。

もう一人、昨年末に神戸の方へ引っ越していった友人にも電話、
留守電に「またかけます」と悲しい声の伝言を残す。

最後に、7月9日から2泊3日で出張予定の主人に聞いてみたら、
「大阪のタワレコにTシャツがあれば、僕もよる予定だからいいよ」とあっさり。
最初に、主人に聞いてみればよかった。。。。
急いで、梅田店に電話してTシャツを確保できたという次第です。

岡山のYさんから夕方丁寧なメールを頂きました。
「主人が子供達を巻き込む熱狂的なユーミン教ですから、気持ち十分理解できます、土日でよければ買いに行きますよ」と。

神戸の友人Mちゃんも「なになに?どうしたの」と、心配声の電話を頂き、
事情を説明したら、「買いに行ってもいいよ」って。

みなさん、なんて優しいんでしょう!ありがとうございます。

そして、とうとう私の手元に清志郎Tシャツが!!(主人が出張から帰ってきた)
感激!
「毎月2日は清志郎Tシャツを着て街に出よう!」ということで(mixi)
来月2日は、清志郎のTシャツを着ようと思います。
e0128926_114415.jpg

Tシャツを着てみたら、清志郎の顔がちょうど胸の上に、
ボスが心の中に住んでいるようで、幸せな気持ちになっちゃいました。
清志郎、ありがとうね。
[PR]
by hanamizuki-ms | 2009-07-12 11:12 | 生活

7月10日

一昨年の今日、
私の病気が悪化してきたため、
主人の研究留学を1ヶ月短縮してアメリカから帰国。
もう、2年が経っちゃった。。。あっという間だね。

手の痺れや腕の痛みが気になるけど、
2年前と比べたら、雲泥の差。

後遺症は残っちゃったけど、最近前向きに考える気持ちも出てきた。
泣いていても、一日一日は過ぎていくわけだし、
できれば、楽しく過ごしたいですもんね。

主人に甘えながら、生活をより良くしていきたいと思います。
ブログを読んでくださっている皆さんにも、もちろん甘えちゃいます。
病気で悩んだとき、一番気持ちを分かってくれているのは、やはりみんなだもんね。
これからも、よろしくお願いします。
[PR]
by hanamizuki-ms | 2009-07-10 19:57 | 病気について

もう7月になっちゃった

ご無沙汰しています。

あっという間に7月になって・・・・、もう1年の半分終わちゃった。。。

手の痺れが続く中、4月から通い始めた植物画の教室には真面目に行っています。
今日も、教室の日でした。

先生には、習う前に病気の説明をしていました。
数年ぶりの教室で、初めて会うメンバーの方になかなか病気のことを言えなくて・・・・・
でも昨日、いいきっかけが出来ました。

10時から12時までの教室ですが、
11時頃に先生が珈琲とお茶を出してくださいます。

今日は、無農薬のスモモと甘~く炊いてある青梅が!
一人にお皿2枚とコーヒーカップ。
先に食べた人が、さっと立って洗い始められたんです。

いつもゆっくり飲んだりしているので、自分の洗い物は自分で片付けるようにしているのですが
今日は、仲間の一人がさっと取ってくださって「一緒に洗うわね」って。

これまで、自分が一番若いのに、洗い物を手伝わないことに気が引けていました。
で、思い切って病気の話をし、「自分の洗い物は出来ますが
皆さんのコップなどを洗うことが出来ません」、と伝えました。

「そんなこと気にしないで。病気大丈夫なの?」って、優しい言葉が返ってきて
ホッとしました。

先生も、「みんなに言えるような気持ちになったんだね」って喜んでくださって。

月に3回の教室ですが、とっても楽しく、金曜日は癒されて家に帰ります。
なんか、弾んだ気持ちになって心ウキウキです。

そのことを主人に伝えたら、「じゃあ、毎日行けば?」って(笑)

毎日行ったら疲れて大変な事になること間違いなしですが、
そんな単純な事を考える主人、私が楽しくしていることが嬉しいようです。
私は、そんなこと思ってくれる主人の気持ちが嬉しくて、
今日は、なんだか幸せ日和でした。

絵の途中経過です。
e0128926_8383457.jpg

[PR]
by hanamizuki-ms | 2009-07-03 22:29 | 病気について